×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

QLOOKアクセス解析

ウォーターサーバーとは

水による健康・美容は継続的な水を飲む習慣を身に着けて初めて効果が出ます。

継続的に水を飲むならウォーターサーバーが一番良いでしょう。

私が調査した中でもクリクラは「逆浸透膜」という水のろ過システムを採用しており放射能物質を始めあらゆる不純物を取り除き出来る純水にミネラルを入れているので安全で美味しい水が飲めます。

また1Lあたり105円で済みとても経済的。

今はこれを使い水健康生活をしています。

現在一週間の無料お試し設置をしているので一度試してみてください。

合わないと思われたら無料でキャンセルすれば良いのですから。

定期的に綺麗な水を飲みたいならウォーターサーバーの方が安上がり!

ミネラルウォーターが入った大きなボトルを機械に設置すると温水と冷水が出てくる給水器です。

機械はレンタルまたは設置になるのでレンタル代や機械代はかかるものもありますが日常的にミネラルウォーターを飲む場合はボトルを買うより安くなります。

例えば一番売れているクリクラを例に取りましょう。

ボトルが12Lのガロンボトルで一本1,260円、ウォーターサーバーのメンテナンスが年に一回で5,250円。

設置費用とサーバーレンタル代はかからないのでこれは0円。

ウォーターサーバーに月々にかかる電気代はおよそ1,000円。

一日1.2L程の水分補給が必要なので毎月36L消費するとすると水+メンテナンス費+電気代で月々5,217円の計算になります。

これをミネラルウォーターボトルで取ろうとすると一本100円でも月に7,200円かかる計算になり2,000円もの差が生まれます。

年間に直すと24,000円という額になるのでウォーターサーバーがいかに経済的かがわかると思います。

また中にはボトル代1,110円だけでOK!という会社もあるのでコチラは月に3,000円近く差が出来ることになります。

定期的に水を飲んで健康的な生活を送りたいという方は間違いなくウォーターサーバーが良いでしょう。

また水が入ったボトルも業者の方が持ってきてくれるので買い物時に重い水を運ばなくて済みます。

さらに直接口をつけるボトルウォーターと違ってウォーターサーバーは給水口から水を摂る形になるので衛生的にも優れているんです。

口をつけると口の中にいる数百億という雑菌が水に移り、爆発的に繁殖をしてその水をのんで体を壊すということがありますからね。

加えて温水と冷たい冷水を出してくれるので白湯を好んで飲む方や水を飲むときに体に負担を掛けたくない方、素早く冷水を飲みたい方にはピッタリなんです。

また放射能の影響が少ない関西の水を持ってきてくれるところが多数なので水を飲んで放射能物質を取り入れる心配もありません。

震災の影響もあり、現在ウォーターサーバーを設置するご家庭が多くなっています。

メリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

ウォーターサーバーを設置するメリット

  • 直接給水口に口をつけるわけではないのでボトルより衛生的。

  • 温水と冷水が出るので便利。

  • 店頭で買って帰るのではなく宅配制なので重い水を運ばずに済む。

  • 水のまとめ買いになるのでミネラルウォーターボトルを買うより安く済み、経済的。 (電気代・水代、サーバーレンタル代込みで計算してもボトルを買うより安くなります。)

  • 逆浸透膜(RO膜)を使っている機種は発がん性物質、放射能物質を取り除ける。

  • ウォーターサーバーを設置するデメリット

  • ボトルを月単位で購入するのでボトルを置く場所が必要。

  • 定期的なメンテナンスが必要

  • 水のボトルを機械に設置する手間がかかる





  • このカテゴリーの項目