×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

QLOOKアクセス解析

浄水器の種類

水による健康・美容は継続的な水を飲む習慣を身に着けて初めて効果が出ます。

継続的に水を飲むならウォーターサーバーが一番良いでしょう。

私が調査した中でもクリクラは「逆浸透膜」という水のろ過システムを採用しており放射能物質を始めあらゆる不純物を取り除き出来る純水にミネラルを入れているので安全で美味しい水が飲めます。

また1Lあたり105円で済みとても経済的。

今はこれを使い水健康生活をしています。

現在一週間の無料お試し設置をしているので一度試してみてください。

合わないと思われたら無料でキャンセルすれば良いのですから。

浄水器の種類を知ろう!

浄水器には様々な種類があります。

それぞれにはそれぞれの特性があるのでそれを知り、自分の環境やニーズに合ったものを選びましょう。

活性炭ろ過タイプ

微細な穴がたくさん空いた活性炭に水を通すシステム。主に塩素や有機物を吸着し、水道水の臭いや味を改善出来ます。

取り付けが容易なので利用しやすいのが特徴です。

しかしろ材の特性からトリハロメタンや鉛などの化学物質や重金属類の除去が苦手です。

また当たり前ですが、不純物の吸着量が増えると除去能力が低下するためこまめなカートリッジの交換が必要です。

セラミックろ過タイプ

微細な穴があいたセラミックと活性炭のフィルターに水を通してろ過するタイプ。

水道水の臭いや有害物質を取り除くことができます。

しかし水にとけている不純物の除去が苦手なため、水質を改善した場合には不向きです。

また除去能力にばらつきがあるため良い製品を選ぶ必要があります。

マイクロフィルタータイプ

微細な穴があいた膜に水を通して微粒子まで除去出来るシステムです。

マカロニのように穴が空いた細い管が集合した中空糸膜が代表的です。

水道水の臭い、有害物質、雑菌を除去でき、水道の味を改善することが出来ます。

しかし有機物や水に溶けている有害物質の除去は苦手です。

また微細な管に水を通すため汚れが詰まることにより流水量が少なくなったり目詰りしやすいので注意してください。

逆浸透膜システム

0.1ミクロンという超微細な膜に水圧をかけて水を通過させるシステム。

水の中にある不純物をほとんど除去できるため災害地などで自衛隊が水を確保するために川の水などを浄水するのに使っています。

現在最も不純物除去能力の高いろ過システムで、唯一水の中にある放射能物質を除去できるシステムです。

しかし、性能が良すぎて水の味を決めるミネラルも除去してしまい、純水にしてしまうので水の味はあまり美味しくありません。

またろ過するのに時間がかかるところもデメリットです。






このカテゴリーの項目