×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

QLOOKアクセス解析

ウォーターサーバーの仕組み

水による健康・美容は継続的な水を飲む習慣を身に着けて初めて効果が出ます。

継続的に水を飲むならウォーターサーバーが一番良いでしょう。

私が調査した中でもクリクラは「逆浸透膜」という水のろ過システムを採用しており放射能物質を始めあらゆる不純物を取り除き出来る純水にミネラルを入れているので安全で美味しい水が飲めます。

また1Lあたり105円で済みとても経済的。

今はこれを使い水健康生活をしています。

現在一週間の無料お試し設置をしているので一度試してみてください。

合わないと思われたら無料でキャンセルすれば良いのですから。

実際に設置して飲むまでどんな手順を踏むの?

まずはウォーターサーバーをネットに注文した後サーバー設置代や最初に届けられる水などの初期費用をカードなどで払います。(サーバーの設置費用はかからないところが多いです。)

すると宅配で水とサーバーが届きます。

サーバーに電源を入れ、水の入ったガロンボトルを設置して暫く待つと温水と、冷水が出るようになります。

これだけでオッケー!

すぐに安全で有害物質のない、健康な水を飲むことができます。

お湯と水が出てくるけどどうゆうしくなの?

ウォーターサーバーって冷水とお湯が出てくるからすごく便利!

でもどうして温水と冷水が出てくるのでしょう?

水を温水にする装置は温水タンクの中の金属棒を加熱して温水にする形式をとっています。

冷却装置には2種類ありどちらも一長一短です。

電子式(ペルチェ)タイプ

ベルチェという素材が使用されているタイプの冷却承知。

ベルチェは電気を通すと冷却作用が働くので、これを利用して水を冷やすという形をとっています。

冷却能力が後述するコンプレッサータイプのウォーターサーバーに比べて劣っており、冷却タンクを冷やるために3時間程かかってしまいます。しかしその分、消費電力が小さく電気代を安く抑えられます。

コンプレッサータイプ

冷却タンクの周辺に冷媒配管を巻きつけて冷媒をコンプレッサーで循環させて冷却するタイプの装置。

冷却能力が高く最初にタンクを冷やし初めてから30分で冷却できます。

古くから使われている方式なので安定していますが重量が重くなります。

このようになっているのですね。 目に見えない部分なので心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、中身はすごく簡単な構造になっているため、故障しにくいのもウォーターサーバーの特徴です。






このカテゴリーの項目